生産と工程管理

工場の運営に欠かせない「生産管理」と「工程管理」とは?

ある一定の品質が保証された製品をあるコストで決められた納期までに所定数製造するためには、原料や設備、従業員を管理し、現場をスムーズに回す管理業務が欠かせません。そして、そんな製品の生産プロセスを管理する仕事こそが、「生産管理」と「工程管理」です。なお、両者は管理する対象が異なり、自社の原料や設備、従業員に基づき生産計画を立て、製品企画や原料調達、製造、出荷にいたる全生産工程を管理するのが生産管理の役割です。一方で、工程管理は、その中でも特にできあがる製品の品質や納期を保証することを目的に生産工程を管理します。いずれにしても、どちらの管理も、工場の効率的な運用に必要な重要なポジションと言えます。

生産管理や工程管理の仕事に向いている人とは

生産管理も工程管理も、工場全体の仕事の流れを把握した上で、スケジュールを組み立てることが必要です。さらに、生産に必要な資材や原料を期日までに調達する手配に加えて、そこで働く人の管理も業務に含まれます。また、期日までに製品を納品するために、無理なスケジュールを現場にお願いせざるをえないこともありえます。場合によっては、クレームに対する根強い対応を求められたり、より働きやすい現場環境を整えるために設備の点検や新規設備の導入の検討が求められることもあります。そのため、工場の根幹を担う縁の下の力持ちのようなその業務にやりがいを感じられる人向きのお仕事と言えます。加えて、さまざまな人とコミュニケーションを取るのが得意で、問題解決に向けてコツコツ努力を着実に積み重ねられる人が向いています。

住み込みの工場での仕事を見つけると、物件を探す手間がいりません。住居費や食費の負担が少なく、効率よく仕事に打ち込めます。